売れているビジネス・経済書200冊ランキング

「革命のファンファーレ」が5週連続1位に

『革命のファンファーレ』の勢いは、いつまで続くのでしょうか(写真:zon / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、10月15日~21日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

今週も、お笑い芸人でもあるクリエーター、西野亮廣氏の『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』(幻冬舎)が第1位を獲得した。著者自ら全国5504の図書館に寄贈することがニュースになるなど勢いが止まらず、5週連続1位に輝いた。

先週149位から8位にランクアップしたのが、『営業 野村證券伝説の営業マンの「仮説思考」とノウハウのすべて』(冨田和成著、クロスメディア・パブリッシング)だ。東洋経済オンラインに関連記事(ダメな営業マンがわかっていない4つの心得)が掲載され、注目が集まった。

次ページ以降、197位までの200冊ランキングを掲載する。「ビジネス・経済書」のトレンドをつかむとともに、ご自身の勉強の参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ワインの常識10
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。