売れているビジネス・経済書200冊ランキング

「革命のファンファーレ」の勢いが止まらない

『革命のファンファーレ』が4週連続1位を獲得!(写真:ManabuAsakawa / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、10月8日~14日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

今週のランキングでも、お笑い芸人でもあるクリエーター、西野亮廣氏の『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』(幻冬舎)が第1位を獲得した。週末にかけて若干減速基調ではあるものの根強い注文が続いており、4週連続1位に輝いた。

先週317位から8位にランクアップしたのが、ナイキの創業者フィル・ナイト氏の自伝『SHOE DOG(シュードッグ)』(東洋経済新報社)だ。本書の発売日は10月27日だが、東洋経済オンラインに関連記事(ナイキ創った「ダメ男」、フィル・ナイトの魅力)が掲載され、事前予約が集まった模様だ。

次ページ以降、197位までの200冊ランキングを掲載する。「ビジネス・経済書」のトレンドをつかむとともに、ご自身の勉強の参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。