女性用エステで増す「男性施術師」の存在感

男性ならではのアドバイスも人気 

エステサロン「青の家」では、各店舗2~3人の男性エステティシャンがいるという(撮影:今井 康一)

肌の手入れやリンパマッサージ、痩身など、美しくなるための施術をする、エステティシャン。ここ最近、男性のプロフェッショナルが目立つようになった。すっぴんも、素肌もさらすエステ。女性の客にとって、男性エステティシャンは抵抗があるのでは? そんな予想に反して、いま男性エステティシャンが人気を集めているという。

男性エステティシャンが増えていると聞いて、早速試しに。あられもない姿をさらすのが恥ずかしく、帰りたいと思っていたところに、すらりとした体型の男性が現れた。事前に記入したアンケートを見つめ、驚いた表情を浮かべながら、軽やかに突っ込みを入れる。

「えっ、血行が悪くて、やる気が出ない? ライターさんなのに、だめじゃないですか」。その後、肩こりなどの症状をいろいろ訴え、聞いてもらう。男性エステティシャンの話しやすい雰囲気に、しだいに心もほぐれていく。

顧客には「1度受けてみて」と勧める

東京と仙台に3店舗展開するエステサロン「青の家」が、男性エステティシャンを雇うようになったのは、7年ほど前だという。同サロンを運営するブルーハウスの代表の金澤彰子氏は、自身が強めのマッサージを好むことから、「深層リンパを刺激する」とうたった、エステサロンを立ち上げた。このサロンならではの特色を印象づける狙いもあり、男性エステティシャンを雇い入れることにしたのだ。

ブルーハウス代表の金澤氏は、積極的に男性を採用している(撮影:今井 康一)

「女性のお客様の半分以上が、男性エステティシャンはイヤと言う。そこをあえて、『1度受けてみて』とすすめている。1度経験した人からの男性NGはほぼなく、リピーターになる方も多い」と金澤氏は話す。現在、各店舗7人前後のエステティシャンのうち、2~3人ずつ男性エステティシャンを置いているという。

まだ日本では異色の存在を放つ、男性エステティシャンは、その数を正確に把握するのが難しい。エステティシャンの国家資格はなく、民間資格があるのみだが、資格を持たずに施術をおこなう人も多いからだ。

次ページ男性エステティシャンが増えている理由
関連記事
トピックボードAD
  • 就職四季報プラスワン
  • 発達障害者と働く時代
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。