女性用エステで増す「男性施術師」の存在感

男性ならではのアドバイスも人気 

自身は、22歳で初めて受けたマッサージの体験が強烈だったことから、この道を志した。無気力だった日々が、マッサージを機に心身にエネルギーがみなぎり、そのまま施術してくれた先生に弟子入りした。

養成校の短期講座を受けたり、実習をこなしたりして、プロに。その後、女性のセラピストから、オイルマッサージについて学び、奥深さに開眼した。さらに学ぶため、エステサロンでの勤務をしながら、アロママッサージやフェーシャル、スポーツマッサージ、痩身、ダイエットなど、技術や知識の分野を広げていった。

女性客が男性施術師に期待していること

「女性のエステティシャンの層は厚く、技術のレベルも相当高い。加えて、男性エステティシャンはサロンへの就職がまだ狭き門。さまざまなニーズに対応できることを強みにしたかった」(土岐氏)。

「青の家」の金澤氏も、「男性エステティシャンを受け入れるサロンがまだ少ないので、ここでは男性も採用すると聞き、応募する志望者も増えている」と話す。「男性エステティシャンはおすすめだが、現時点では女性の比重が高い。せっかくの有望な男性の応募を断らなければいけないことが多い」(同氏)

土岐氏は8年前にサロンをオープンし、当時は珍しかったため、男性エステティシャンとして、メディアへの露出も増えた。それに伴い、男性エステティシャンから、集客についての相談を受けることも多くなった。

「男性エステティシャンに求められていることを誤解している人が多い。『女性ホルモンが活性化される』といううたい文句を出している人があまりにも多い。これでは逆に女性が引いてしまう」

エステサロンを訪れる女性にとって、男性に期待しているのは、「性的なサービス」ではない。「わざわざ少数派として美容業界で働く男性に求められているのは、オタク気質の深い専門知識。実際、何でも詳しいと思われて、コスメの質問まで受ける」と土岐氏は話す。

次ページ男性ならではの強みとは
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT