ひふみんがクラシック音楽にハマったワケ

「勝ち」がみえると大ミサ曲が聞こえてくる!

来館記念にサントリーホールで指揮姿を披露する加藤一二三九段(写真提供:サントリーホール)

将棋界のレジェンド「ひふみん」こと加藤一二三九段は、将棋界きってのクラシック通として有名。テレビ番組で指揮を体験する姿や、個性的な美声(?)でオペラ・アリアを披露する姿とは別に、勝負師としての真摯な生活の背景にもつねにクラシック音楽が寄り添っているようだ。

11月7〜9日にサントリーホールで来日公演を行うボストン交響楽団についてのコメントを軸に、クラシックとのなれ初めや将棋との共通項についてお話を伺った。インタビューは10月11日にサントリーホールの応接室で行った。

「レクイエム」のようなすばらしい将棋を指したい

――クラシックが本当にお好きなようですね。

熱心に聴くようになったのは42~43歳の頃からだという(写真提供:サントリーホール)

はい、若い頃から少しは聴いていましたが、熱心に聴くようになったのは、42〜43歳の頃、中原誠名人との名人戦7番勝負を戦ったときからです。タイトル戦は1局の合間に1週間から10日ほど間があきますので、その時間をどう過ごすのかがとても大切です。私はモーツァルトの「レクイエム」や「戴冠ミサ曲」、バッハの「マタイ受難曲」などを聴きながら気持ちを盛り上げていったのです。

そのきっかけになったのが、名人戦の前日にNHKの音楽番組で聴いたクラウディオ・アバド指揮ミラノ・スカラ座によるヴェルディの「レクイエム」でした。感動した私は、目前に控えた名人戦において、勝ち負けに関係なくこの「レクイエム」のようなすばらしい将棋を指したいと思ったのです。それがクラシックにのめり込むきっかけの1つでした。

次ページ将棋とクラシックに共通する要素は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。