「上司同士の小競り合い」に絡むと損をする

「どちらかを選ぶ」必要はありません

上司同士、仲が悪いということですから、2人の仲を取り持つ必要なんてないし、あなたにできることは限られています。お互いのところで、相手の愚痴や悪口を言わないようにする。そして、前の上司と個人的に会うときはこそこそしないで、「○○さんに活入れてもらってきます!」などと明るく、今の仕事にかかわる相談なんてしていないよ、という雰囲気を出す。

その後も「○○さんにも、ここがダメだと指摘されてしまいました」などとごく普通にフィードバックしてみるようにしましょう。最低限、前の上司に吹き込まれて異なる意見を言ったり、今の上司をないしがろにしているわけではない、と思ってもらえるような態度でいる。警戒心の強い、心の狭そうな人ですから、「さすがです!」「頼りにしています」と尊敬の言葉はいちいちに口にして安心してもらうといいかも。

それでも大人げない態度をとるようなら、最終手段として、上司の上司に対応を相談して、しかってもらうしかないかもしれません。今の上司にとっては裏切られ感があるでしょうが、ここまで努力してわかってもらえない忠誠心なんて、どこまでいっても理解してもらえないし、信頼関係ももうなくなっているでしょうから。

とはいえ、本来は、こそこそすると警戒心を強くさせてしまうので、のほほんとしたコミュニケーションを心掛けていれば、大きな損はしない気がしますよ。

学ぶべき人のパイが減ってしまうのはもったい

社内政治や損得だけのために、学ぶべき人のパイが減ってしまうのは、なんだかとてももったいないことです。「社内派閥」なんて、恐ろしげな言葉に振り回されず、よいところをたくさん持った先輩たちと明るく「師弟関係」を結んでみてはどうでしょう。

上司も完璧ではありません。よいところ、今イチなところ、いろいろあるから面白いし、学ぶことも多い。今の環境もどうか楽しんで、もっと成長していってもらえたらと思います!

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。