地方の産業は「中抜き」すれば生き返るか?

チーム制で作る、新しい「6次産業」

よくコンサルタントの方が提案する「中抜き」。それで万事、うまくいくのか?

「“100均”の店って、どういう仕組みなの? なぜそこそこいいものが100円玉ひとつで販売できるんだろう」

僕も家族も、100円均一の店が大好きで、以前からよく買い物をしていた。

ただ最近は自分が1次生産の現場に触れたり、商品開発に携わるようになり、あらためて考えてみて、ゾッとしていた。もしかしたら、どこかで誰かが強烈に買いたたかれ、負担を負わされているんじゃないか――。そんな思いがよぎるのだ。

「石巻の鮭はおいしくて、すぐ近くでとっているのに、なぜ地元のスーパーでは、チリの鮭を激安で売っているのか」

近頃はスーパーに行っても、鮭を見かけるたびに、そう考えるようになった。以前は生産地なんて、ほとんど気にしたことがなかったのに……。近所なら輸送費もかからず、安く売れるはずだ。それなのに日本から遠く離れたチリの鮭を取り寄せて、しかもあれほど安く販売している。

「どうしたらモノを適正な価格で売ることができるか」

「誰かに負担をかけることでなく、持続できる商売をどのように展開していったらいいか」

「復興デパートメント」に携わるようになってから、それをすごく考えるようになった。

漁師さんなど1次生産者の方と仲良くなると、その工程を実際に見聞きするようになる。すると、当たり前のようにテーブルに並ぶ食品に、どれだけ人の労力やおカネがかかっているか思い知る。

東京本社勤務の頃は、Yahoo!ショッピングやヤフオク!のプロモーションを担当していて、「ポイント○倍祭り!」とか「○○%バーゲン!」などとにかく商品を値下げしてサイトを盛り上げていく「祭り担当」が僕の仕事だった。

一方、今は、「復興デパートメント」で、取り扱っている商品一つひとつに込められたストーリーを紹介し、よいものを適正な価格で売ることに挑んでいる。

次ページそんなに単純じゃない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。