ヤフー社員が、“海の男”になったワケ

商品、というより、“漁師”をプロデュース?

「このちょっとマヌケな顔の魚はなんですか?」

「これ、ウマヅラ。ともあえにすっと、すんげぇうめぇんだよ。あとで食わせてやっから」

まだ夜が明けきらぬ朝5時。僕たちは青い海のど真ん中にいる。

今朝も船の上で漁師さんに、海から揚げた瞬間の、甲板でぴちぴち動いている魚について教えてもらった。ときにはとれたてでプルプルの生ガキを渡され、その場で味わうこともある。

もちろん、ただごちそうになりに行っただけではない。海の男たちの仕事ぶりを撮影したり、新鮮な魚介類の説明を受けたり観察したり食べたりして、それをヤフーが展開する「復興デパートメント」などに記事としてアップしたり、という目的があってのことだ。

自分で日々、商品が生まれる現場に出向き、その様子を取材する――。こんな生活は、東京本社でYahoo!ショッピングやヤフオク!のプロモーションを担当していた時代は、まったく考えられなかったことだ。

そもそも、僕は泳げないし、実は大人になるまで、魚介類が嫌いでほとんど食べられなかった。とくに生の貝類は、子供の頃にかいだ生臭い記憶から、最近までいっさい受け付けられなかった。そんな僕が石巻に来てから生の魚介類を恐る恐る口にするようになり、今ではカキやらウニやらホヤを率先して食べているのだから自分でも驚く。

漁から上がった後は、みんなでご飯を食べる。前回紹介したメディアの撮影班のみなさんが、漁師さんたちとご飯を食べる僕を見て言っていた。「こんなにおいしそうに朝ご飯を食べる人を久しぶりに見た」と。だってめちゃめちゃおいしいんですもん。

次ページ漁業でIT、いいじゃん!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT