日本のブラック部活動は「ゆとり化」すべきだ

内田良氏×島沢優子氏が語る(後編)

内田:なるほど、そうだ、そうだ。

島沢:それらの中でも、球技系の高校スポーツはある意味“商業化”されています。甲子園や花園、代々木と、いずれも「聖地」と呼ばれる場所がある。テレビ中継されて認知されるため、私立高校は部の強化に力を入れます。そのおかげで競技が発展した面もあれば、「勝利至上主義」が横行しました。功罪ありますね。商業化されれば利益が生まれるわけなので、大人がそこに来ますよね。

内田:商業化された球技って、意外と体罰の話もよく聞きますね。

島沢:部活動で県で一番になる、もしくは日本一になれば学校の知名度が上がる。ユニホームやボールなど道具を提供するメーカーからの期待もある。所属する3年間での要求度が高くなるからかもしれません。

内田:面白い……。面白いって言っちゃいけませんね。なぜそう思うかというと、行政が部活にどうかかわるかという未来展望図は、僕の中でこうしてほしいなというものがありまして。

島沢:行政がかかわる未来展望図とは?

日数や大会も制限する「ゆとり部活」とは

名古屋大学准教授の内田良氏(撮影:尾形文繁)

内田:時間を制限し、日数や大会も制限する「ゆとり部活」というものができないかと思っています。たとえば週に2回だけ、土日もやらないなどです。

島沢:全体的にダウンサイジングすると、部活動の過熱を冷却できますね。

内田:今お話伺って興味深かったのが、民間クラブの可能性です。休日をきちんと設けて効率のよい正しいトレーニングを提供しながら、本来部活動が目指していた、自主性を育て、自分でトレーニングメニューを組めるような生徒に育てる可能性が民間にはあるんだと。新しい発見です。

島沢:すべてのクラブが同じレベルではないかもしれませんが、平準化されてきていると感じます。

内田:つまり顧問が7日間「やれ」って、「はい」って走る生徒じゃなくて、自分はこの目標まで行きたい。「でも、今は体調がこんなだから週3日にしたい」と言える生徒。

島沢:そこで「OK。じゃあ、そうしてみよう」と言える指導者。

内田:そうそう。そういうイメージ。実は民間にこそ、強い選手を育てる可能性もあるし、他方で自主的に判断して、まさにゆとり部活動のような、ゆとりトレーニングもできる生徒を育てられるかもしれません。民間と連携することを考えたいですね。

次ページスポーツ指導で食べていけるようにするには
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT