日本のブラック部活動は「ゆとり化」すべきだ

内田良氏×島沢優子氏が語る(後編)

内田:ここまでブラック部活動についてお話ししてきましたが、これからの設計について、もっと広くみんなで議論していくべきだと思います。『部活があぶない』でご指摘なさっているように、ブラック部活はブラック企業につながっていきます。

島沢:部活問題に向き合うことは、ある意味、社会全体に向き合うことになりますよね。

部活が社会の写し鏡のようなところがある

内田:ブラックバイトもブラック企業も、構造的に同じですからね。

島沢:内田先生の『ブラック部活動』に「部活動についての顧問の負担が重いと思っている先生は80%いるが、保護者は40%しかいない」というデータがあり、興味深かったです。先生にとっての部活動への負担感は、保護者の想像よりもはるかに重いのですね。

内田:そう。そこは保護者のみなさんにも理解してほしい。たとえば、一般企業で働く人たちも周囲の想像以上に仕事が苦しいと思う。

島沢:新聞の書評で『部活があぶない』について「日本の組織に普遍的な処方箋で部活を語りながら日本社会を分析する小論」と書かれていました。ここは内田先生の本も同じだと思うんです。部活が社会の、ある意味、写し鏡みたいなところってすごくありますよね。

内田:子どもの被害、あるいは先生の被害もそうだけれども、日本の企業をそのまま表しているところもありますね。「部活があぶない」は「日本があぶない」、なのかもしれないし、「会社があぶない」かもしれない。だって、そのままつながっているじゃないですか。しかも『部活があぶない』で強調されているように、自分が過ごしてきた環境をよきものと美化してしまうため、ブラックな指導や教育が連鎖あるいは再生産されていきます。

島沢:人材育成とか、組織運営とか、地続きですもんね。

内田:空気とか、文化が、確実につながっている。だからこそ、部活動をしっかり冷却して、未来展望図を描かなきゃいけないですね。

島沢:ブラックな現状を変えるためにも、内田先生にはぜひ引き続き情報発信をしていただけると有難いです。

内田:こちらこそ。島沢さんのように学校の闇を声から拾う人は、なかなかいない。貴重な教育ジャーナリストです。これだけしつこくやれる人はいない(笑)。

島沢:先生も相当しつこいですよ(笑)。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT