「オーナー経営者」の頭の中を探ってみる

絶対権力者の生態を考察する

サラリーマンの野党根性

さて、これまでオーナー社長の傍若無人さを多少オーバーに述べつつ、その一方で合理的振る舞いを解釈してきましたが、やはりそこには一般大衆には想像しえないオーナー社長という恍惚と、計り知れない恐怖があるのだと思います。

オーナー社長は上司もいません。雇い主(株主)もいません。不満を言えません。結局、自分でどうにかするしかないわけです。

オーナー社長がオーナー社長たるゆえんは何か。性格でしょうか。いや、私はつねに与党的振る舞いをしなくてはいけないという、その環境こそがオーナー社長を形成するのだと思います。

私たちのサラリーマンのキャリアは、(権力を持っていないという意味で)野党からスタートします。そして少しずつ昇格に伴って権力を持っていく、つまり与党になっていきます。しかし社会人人生の中で、初期に刷り込まれた野党根性から脱していくのは、容易なことではありません。

私などはいざ自由に振る舞ってよいと言われたら、まずほかの人が何をしているかをうかがいそうです。それは組織にスポイルされている証左です。

あるいは、自分が反対した戦略が会議を通過し結果的に失敗したとき、「だから反対したじゃないの」と肩をすくめていそうな自分もイメージできます。でもそれは本質的にはとても恥ずかしいことです。失敗しそうだとわかっていたなら、なぜそういう意思決定を許容したのか。それは自分の力がないからだし、野党感覚が抜けていないからです。

そんな感覚が、私の性格なのか環境なのかはわかりません。きっと両方なのだと思います。

野党的根性がいまだに抜けきれない私にとって、つねに与党であり続けるオーナー経営者というキャリアは、とてもまぶしく映ります。

※ 本文は筆者の個人的見解であり、所属する組織・団体を代表するものではありません。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT