「夏の甲子園」の陰で危うい高校野球の将来 高校野球の部員数「減少局面」が鮮明に

✎ 1〜 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 最新
拡大
縮小

野球用具業界では、硬式野球競技者は上得意の「シリアスプレーヤー」に分類される。客単価も大きく、売り上げも大きい。特に高校野球はボリュームゾーンだが、この競技人口が減少に転じたことをメーカーは深刻に受け止めていた。

しかし、高野連のこの数字以上に、高校野球の現場は深刻だ。2012年、高野連は複数の高校が1つのチームを作る「連合チーム」の大会参加を全面的に承認した。これも参加校数、競技人口の減少を食い止める施策の一つだと思われる。

本来ならば部員数が9人を割り込み、助っ人の見込みもない学校の野球部は廃部に追い込まれるはず。だが、「連合チーム」が可能になったことで、9人未満の野球部も存続可能になったのだ。

今年も多くの地域で、連合チームが地方大会に参加している。たとえば、高知県は7チーム×4ブロックの28チームで地方大会を戦うが、3校の連合チームが1つ、2校の連合チームが1つ含まれているので、参加校数は31校ということになる。

高野連発表の加盟校数も2017年は前年から25校減り、3989校となったが、この中には連合チームで参加する9人未満の野球部も含まれている。大阪府の高野連の加盟校には部員数ゼロの学校も入っている。9人そろって地方大会に参加する高校は、この数字よりかなり少ないはずだ。

部員不足の救済策「連合チーム」の厳しい実態

連合チームの置かれた環境は厳しい。大阪府のとある公立高校を取材した。放課後、グランドにはぱらぱらと生徒が集まってくる。古びたバックネットを背に、硬式野球部員がキャッチボールを始める。わずか3人。本当は5人いるそうだが、2人はアルバイトで抜けている。指導する教師は、「学費と生活費のためにみんなアルバイトをしています。バイトがなくても、私が見ていないと、部活をしないで帰ってしまう子もいるので、忙しくても毎日顔を出しています」と話す。

その体つきは、一般にイメージされる高校球児とは大きく異なる。眼鏡をかけた肥満体の生徒や、とても小柄な生徒。私立のスポーツ名門校のヘラクレスのような体格の生徒を見慣れていると、生徒の体格のギャップにはショックを受ける。

使い古したグラブでキャッチボールをするしぐさもぎこちない。この学校も他校と連合チームを組むことが決まっているが、合同練習は週に1回程度、それでも全員がそろうことは滅多にない。部員は「大阪府大会で1勝したい」と抱負を語る。しかし「1勝」すら遠い目標だ。

大阪府大会では、連合チームは各校のばらばらのユニフォームを着て試合をする。統一のユニフォームを作る予算はないのだ。ほかの学校との実力差は明らかだが、大阪府ではシード制をとっていないこともあって、連合チームが甲子園を目指す強豪校と対戦することもある。

プロを目指す選手の鋭い打球が、眼鏡をかけた肥満体の内野手の体をかすめる。審判員の中には「一緒に試合をするのは危険ではないか」という声を上げる人もいる。早い回に大量点を奪われ、連合チームは早々に敗退する。多くの場合、スタンドには応援団はいない。知り合いがぱらぱらと声をかける中、生徒たちの夏はひっそりと終わる。

あたかも「格差社会の象徴」のような風景が、今年の県予選大会でも、全国で見られたはずである。

次ページ実を結んでいる関係者の努力もある
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT