「夏の甲子園」の陰で危うい高校野球の将来

高校野球の部員数「減少局面」が鮮明に

「野球離れ」が進行する一因として、高校野球の「スパルタ指導」があると言われる。ある野球指導者がアメリカへ行ったときに「日本じゃ、マフィアが子供たちに野球を教えているんだろ?」と言われてショックを受けたという話を聞いたことがある。

いい変化もある高校野球の現場

確かに、昔は鉄拳制裁は当たり前で、上下関係も厳しかった。また多くの部員がいる有名校では、3年間で1試合も出場できない生徒もたくさんいた。今も皆無とは言わないが、有名校も無名校も取材した経験でいえば、高校野球の現場はずいぶん変わってきたと思う。

指導者の暴力はほとんど聞かなくなった。指導者の多くは「昭和の時代は、殴ってでも子供たちを仕込んだものだが、今はそうはいかない」と言う。

ただ、今も大声で生徒をしかりつける指導者はいる。横で聞いていてもびくっとするが、そういうチームには怒鳴られた生徒をフォローするコーチがいる場合が多い。「監督の指導を勘違いさせないために、しっかり説明する」のだという。

100人以上の部員がいる学校の中には、2軍、3軍とチームを編成して、練習試合や他校との交流戦を組むケースも増えてきた。昔は、1年次に何十人も入部した部員がふるいにかけられ、3年になると数人しか残らないケースもしばしば見られたが、試合に出られない生徒へのフォローが行き届くようになった。

野球エリートでなくても、高校野球をそれなりに楽しむことができるようになったのだ。継続率が上がったのは、こういう学校が増えてきたからだろう。絶対的だった先輩後輩の上下関係をなくした学校もある。野球部寮を廃止し、一般の生徒と同じ寮で生活している野球部員もいる。

過去50年で8月の平均気温は2度以上上昇しているが、過酷な夏の大会の試合環境も進歩している。甲子園では、ダッグアウトにもエアコンが設置されている。背面といすの間から冷気が出るようになっている。選手たちはイニングの変わり目には短時間だが涼むことができる。また給水も頻繁に行うようになっている。

球場に医師団が待機するのは昔からだが、今ではAED(自動体外式除細動器)を完備し、熱中症対策も万全だ。関係者からは「どちらかというと、選手よりも審判や応援団のほうが、熱中症の危険が高いんじゃないか」という声も聞こえる。

また、登板過多に配慮して、地方大会、全国大会ともに、準決勝の前日には「休養日」が設けられている。少なくとも3連投は避けられるようになった(雨天中止になると休養日がつぶれるので、その限りではないが)。多くの高校ではエースに負担が集中するのを避けるため、複数の投手をそろえるようになった。

高校野球は「伝統文化」だと揶揄される。なかなか「変えられない」ことの例えだ。しかし、高校野球界はその「伝統」を守るために、「できることはすべてやっている」のだ。

確かに、関係者は努力を続け、その結果も出ている。だが、それでも「高校野球」をこのままのスタイルで続けていけば、競技人口の減少に歯止めはかからないだろう。

次ページおカネ持ちのスポーツになりつつある?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT