「悲劇の投手、沢村栄治」の哀しすぎる真実

戦争に翻弄された「160キロ、伝説の剛速球」

Q19. 沢村のように戦争で命を落とした野球選手はいたのですか?

はい。同じ巨人で沢村とバッテリーを組んでいた吉原正喜、闘将の異名で沢村と名勝負を繰り広げた強打者景浦將(大阪)、さらに中河美芳(イーグルス)、西村幸生(大阪)、石丸進一(名古屋)ら、多くの名プレーヤーが戦場に赴き、帰らぬ人となりました。

現在、東京ドーム(東京都文京区)の一画に、戦没したプロ野球選手73人の名前を刻んだ「鎮魂の碑」が建てられています。

「魂」を受け継ぐ者たち

闘志あふれるプレースタイルで、チームを鼓舞し観衆を沸かせた捕手の吉原正喜は、1944年10月10日、ビルマ(ミャンマー)で戦死しました。

吉原の背番号「27」はその後、森祇晶、大矢明彦、伊東勤、古田敦也、谷繁元信といった歴代の名捕手たちによって、いまに受け継がれています。

石丸進一投手は、神風特別攻撃隊に志願し、1945年5月11日、鹿児島県の鹿屋基地で出撃命令を受けました。

出撃を前に、彼が最後に行ったのはキャッチボールでした。戦友に向けてストライクを10球決めると、爆装した零戦に笑顔で乗り込み、沖縄方面で消息を絶ちました。

戦後、巨人は沢村栄治の功績を称え、彼の背番号「14」は、日本プロ野球史上初めての永久欠番に指定されています。

現在、全球団を通しシーズンで最も活躍した先発投手に贈られる「沢村栄治賞(沢村賞)」は、投手最高の栄誉ある賞であり、一流の証しとして各球団のエースたちがその奪取を狙い、毎シーズンしのぎを削っています。

終戦から72年、こうした「日本史の悲劇」を学び、野球をはじめ誰もがスポーツを心おきなく楽しめる「平和」を、あらためてかみしめる機会にしてください。

「人に負けるな。どんな仕事をしても勝て。しかし、堂々とだ」――。本記事を、沢村の残したこの言葉で締めくくりたいと思います。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT