「落ちこぼれ」「吹きこぼれ」がない学校の秘密

1人の生徒が解く問題数は全国平均の4倍!

コペンハーゲンにあるデンマーク第2のテレビ局「TV2」(写真:未来教育会議)

きっかけとなったのは、それまでの労働環境の改善が求められたこと。1988年の開局当時は年間2000時間だった放送時間は、チャンネル数の増加に伴って、2014年には年間4500時間に。番組の多様化、チャンネル数増加は進む一方で、TV2においても社員の長時間労働や不規則な労働時間が問題視されていた。

キャスターが閲覧する原稿表示モニター。足元のペダルを踏むと原稿が先に進むなどのインターフェースの工夫がされている。(写真:未来教育会議)

そこでTV2が行ったのがテクノロジーを活用した効率化だ。たとえば、局内には、キャスター以外の人間がまったく立ち入らずに番組制作を行う無人化ニュース番組撮影スタジオがあり、プロデューサーやADはおろか、ディレクターもカメラマンも立ち入らず、遠隔操作カメラでキャスターを映して放送している。

ニュース原稿もモニター上に表示され、手元に紙原稿を用意することはない。こうした対策により、効率的で生産性の高い労働が実現、社員のワークライフバランスが保持されている。

人間主導で活用していく努力が要る

これらの例から見えてくるのは、テクノロジーに対する人々の能動的な向き合い方だ。「専門家じゃないからわからない」「使いこなせないので不安」、あるいは「どんな影響があるかはわからないが、はやりだからとりあえず使う」……といった受け身の姿勢ではない。

ひるがえってわれわれはどうだろうか? たとえば、遺伝子組み換え食品を食べるかどうかや、原子力発電や自然エネルギーとの付き合い方など、自分で判断しなければならない問題は増えるばかりだが、主体的に事実を知り、自らの価値観に従って判断するという姿勢を持っているだろうか。

テクノロジーがますます進化していく中で、そのスピードについていけず、流れに振り落とされる不安は誰しも抱えるものだろう。そしてそこには、SF映画のように知らず知らずのうちにテクノロジーに主導権を奪われるかもしれないというおそれもある。それらを解消するためには、彼らのように、テクノロジーそのものに主体的にかかわっていき、味方につけ、人間主導で活用していく努力を続けるしかない。

スティーブ・ジョブズ・スクールでの一人ひとりの進度に合った教育においても、ワーグ・ソサエティが生み出すイノベーションにおいても、テクノロジーが果たす役割は大きい。テクノロジーの積極的な活用により、自分たちの手でよりよい社会をつくっていくことはきっと可能なのだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。