ザンビア大規模停電、犯人は「ヒヒ」だった

4万世帯が5時間あまりにわたって停電

 7月17日、ザンビアの観光拠点であるリビングストン市で16日、ヒヒが水力発電所の設備に触れ、市内の4万世帯が5時間あまりにわたって停電する騒ぎがあった。ザンビア電力公社が明らかにした。写真は2006年南アフリカで撮影(2017年 ロイター/Howard Burditt)

[ルサカ 17日 ロイター] - ザンビアの観光拠点であるリビングストン市で16日、ヒヒが水力発電所の設備に触れ、市内の4万世帯が5時間あまりにわたって停電する騒ぎがあった。ザンビア電力公社が17日、明らかにした。

発表によると、ヒヒは108メガワットの発電所に入り込み、高圧変圧器に触れた。リビングストンは、近くのビクトリア瀑布を訪れる観光客の拠点となっている。国立公園に近いが、野生動物が発電所に入り込むのはまれだという。

電力公社の広報担当者は「ヒヒは感電し、治療のため野生動物当局に引き渡された」と説明。幸い命に別状はなかったと付け加えた。

昨年には、ケニアでサルが全国規模の停電を引き起こしたケースがあった。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。