ザンビア大規模停電、犯人は「ヒヒ」だった

4万世帯が5時間あまりにわたって停電

 7月17日、ザンビアの観光拠点であるリビングストン市で16日、ヒヒが水力発電所の設備に触れ、市内の4万世帯が5時間あまりにわたって停電する騒ぎがあった。ザンビア電力公社が明らかにした。写真は2006年南アフリカで撮影(2017年 ロイター/Howard Burditt)

[ルサカ 17日 ロイター] - ザンビアの観光拠点であるリビングストン市で16日、ヒヒが水力発電所の設備に触れ、市内の4万世帯が5時間あまりにわたって停電する騒ぎがあった。ザンビア電力公社が17日、明らかにした。

発表によると、ヒヒは108メガワットの発電所に入り込み、高圧変圧器に触れた。リビングストンは、近くのビクトリア瀑布を訪れる観光客の拠点となっている。国立公園に近いが、野生動物が発電所に入り込むのはまれだという。

電力公社の広報担当者は「ヒヒは感電し、治療のため野生動物当局に引き渡された」と説明。幸い命に別状はなかったと付け加えた。

昨年には、ケニアでサルが全国規模の停電を引き起こしたケースがあった。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。