中国女性が普通に「飲み会」を楽しめない事情

日本のお酒を中国で大ヒットに導く秘訣

統計的に把握するのは難しいが、おそらく、同じカルチャーショックを受けた中国人留学生は多いだろう。

中国人に対して、「乾杯、乾杯!」と言いながら、50度以上の白酒〔バイチュウ、高粱(コーリャン)を主原料とする中国伝統の蒸留酒〕を一気に飲みきるイメージを持つ日本人は多い。

筆者が北京出身だと聞き、「北の女性だからよく飲めるだろう」と言われたことも数えきれない。実際、まず誤解しないでいただきたいのは、中国社会では「公共の場で女性は飲酒を避けることが常識」ということだ。

タトゥーがある人が温泉に入れないことが多い日本と同じように、中国にも旧来の価値観がまだまだたくさん残っている。たとえば、中国では女性は遅くとも30歳までに結婚・出産するのが当たり前だと思われている。化粧は「すっぴんで勝負できない人」や「男に媚びたい女性」だけがすることだという見方も、以前紹介したが、いまだに根強く残る考えだ(中国女性はなぜ「自撮り加工」に超必死なのか)。

日本よりも女性への「視線」が厳しい中国

そして、たばこを吸う女性やお酒を飲む女性はろくなものでない、と見る人が多いのだ。男女平等で共働きが普通になっている中国であるが、おそらく女性に対して「こうあるべきだ」という見方は日本よりも厳しい。

特にお酒を日本女性のように、パブリックな空間で平気で楽しく飲むことはめったにない。「喫煙と飲酒は水商売の女がすること」「人の目があるところで飲んだら、下品で教養がないと思われるよ」「営業などの女性が飲むのは仕事のため。そうでないなら女性が飲む意味はない」「お酒は女性の体によくない」……。中国は現在でもこうした価値観なのだ。

直接、親に言われなくても、中国の女性は、お酒との付き合い方に関して、こうした社会の「暗黙の価値観」の影響を受けている。「お酒は飲めますか」と誰かに聞かれたときの反応にもそれが表れる。実は家で少し飲むのだけれど、「下品」で「軽い」女だと思われないように、「飲みませんよ」と本能的に答える人が多いだろう。

つまり、中国においては、お酒を消費するのはほとんど男性だといえるのである。甘口で飲みやすい日本酒・果実酒は中国女性の口に合いそうだが、有望市場と見てアプローチしようとする際にも、味やデザインより前に日本企業が考えなければいけないのは、こうした社会環境だ。

次のような在日中国人の投稿を、SNSなどで毎年春になるとよく目にする。「飲み会って何?!」「新人研修の飲み会で疲れて体調崩しちゃった」「入学・入社のいちばんのストレスは夜の飲み会だ」「日本人は、なんでこんなに酔っ払うまで飲むんだ~。何が楽しいのかな?」……。こんな在日中国人の投稿を、毎春見掛ける。日本人に不可欠な「飲み会」は、中国人には実になじみがないものである。

そうはいっても、中国人の接待といえば、すぐに「酒」を連想する人は多いだろう。しかし、日本でいう「飲み会」とは、実はかなり意味合いが違う。中国ではお客様を招待するときに、こちらのおもてなしと誠意をどう見せるのかというと、すなわち「酔っ払う」「酔っ払わせる」ということになる。

次ページ接待の「舞台装置」としての酒
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。