華麗なるお受験!インターママは世界狙いだ

インターナショナルスクールの内幕とは?

実は、インターに子どもを通わせる親たちは、日本の義務教育システムを無視しているのだ。そのため、区から警告文のような書類が届くのよ、と苦笑いで教えてくれた。

目指すのは、世界のトップ層

インターで学ぶ子どもたちは、日本の義務教育課程を修了していない。それゆえ、日本の高校や大学に進学する資格を得られない。

――そこまでして、なぜわざわざインターに?

我々の質問を予期していたのだろう、エミさんはかぶせるように答える。

「そもそも、東大も早慶も目じゃないってことです」

ぴしゃりと言い切られ、取材班は思わず「はぁ」と間の抜けた声を出してしまった。

ご存知の通り、英国タイムズ・ハイアー・エデュケーション(THE)が毎年発表している世界大学ランキングにおいて、東京大学はトップ10にも入っていない。

2016-2017年の順位は、実に39位である。(ちなみに、アジアのトップは中国の北京大学で29位。)

「子どもたちには、小さくまとまって欲しくないんです。広い視点を持ち、世界で活躍できる人材になってもらいたい」

東大や早慶を出ても、世界で活躍できる人材にはなれない。エミさんは続ける。

「息子が通うインターは9年生(日本でいう中学3年生)までしかないので、卒業後は家族でアメリカに移り住み、現地のハイスクールに通わせようと考えています」

子どもの教育のために移住?!

常識では考えられない―。そう思ってしまったが、その常識こそがエミさんの言う「小さくまとまった」人間の思考回路なのかもしれない。

とはいえファミリーで海外移住する日本人家族はもちろん少数。ごく一部の優秀な生徒は、海外のボーディングスクール(全寮制の進学校)に進学、その他は日本国内のインターナショナルハイスクールやアメリカンスクールに進む子どもたちが大半だという。

そして、世界のトップレベル……スタンフォード、オックスフォード、アイビーリーグ*加盟校やMIT**などを目指すのである。

*アメリカ合衆国北東部にある、名門私立大学8校の連盟
**マサチューセッツ工科大学
次ページ最も気になるあの質問をぶつけてみた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。