IoTのゴールは「イヌのインターネット化」だ

ソニー「MESH」を使ったモノづくりの基本

「MESH」を使って解消できそうな”不便”って、ズバリこれじゃないのかな、とヒラメいた

ヒトとイヌが互いに感じる”不便”をIoTで解決する方法を考えてみたら……。

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

“IoTっぽいモノづくり”のコツを探るべく、前回は開発者である萩原さんに取材し、

(1)まず、馴染みがあるモノに注目し、そこにどんな機能が追加されたら便利か、または不便が解消されるかを考えてみる(アイデアを考える)

(2)そうして生まれたアイデアを実現するための”MESHタグ”を用意し、機能を実現させるための設定を行う(プログラミング)

(3)モノと”MESHタグ”を組み合わせる(工作)

という、「MESH」を使ったモノづくりの基本を教わった(前回の記事はこちら)。この手順に従い、まずは制作のアイデアを練ることにしよう。

もっとも馴染みがある存在は

我が家にとって、もっとも馴染みがあるモノ……というか存在といえば、なんといっても彼女である。

次ページどんな”機能が”必要なのだろうか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中高一貫校<br>子どもが幸せになる学校選び

中高一貫校人気が戻ってきたが、学校の選び方は変わりつつある。偏差値だけでない子ども本位の物差しだ。自主性重視か規律重視かなど4要素による「校風マトリックス」やランキングなど、独自の分析で子どもに合った学校が見えてくる。