「はっきり内容を覚えている夢」の持つ役割

しっかり眠れているかどうかがわかる

今朝の夢を覚えていますか?(写真:プラナ / PIXTA)
「睡眠」に関して、たくさんの人が興味を寄せる分野のひとつに、私たちが寝ている間に見る「夢」があります。
楽しい夢や恐い夢、現実的にはありえない不思議な夢――。しばらくすると、忘れていることも多い「夢」ですが、実は科学的にみても「夢にはきちんと役割がある」のです。
「なぜ、人は夢を見るのか?」
「抽象的で辻褄の合わない夢を見るとき、いったい何が起きているのか?」
「『見たい夢』を見ることはできるのか?」
「夢については、実はこれまでいろいろな実験がされてきて、その役割や意味もわかってきつつあります」。『スタンフォード式 最高の睡眠』の著者でスタンフォード大学医学部教授の西野精治氏が、あまり知られてこなかった「夢の正体」について科学的な視点から解説します。

「寝ている間」ずっと夢を見ている

どうして私たちは、夢を見るのでしょうか? はたまた、夢とはどのような現象で、どんな役割があるのでしょうか?

私たちは眠っている間、「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」をそれぞれ一夜に4回ずついったりきたりしているのですが、夢に関しては「レム睡眠のときに人は夢を見る」とよく言われてきました。

「起きたときに覚えている夢」というのは、通常目が覚める直前に見ていた夢になります。普通、人が目覚めるときは浅いノンレム睡眠やレム睡眠のタイミングであり、その「最後のレム睡眠のときに見ていた夢を鮮明に覚えている」ことから「レム睡眠=夢を見る」とされていたわけです。

1950年代に「レム睡眠中に鮮明な夢を見る」ことが発見されたのですが、その後の「夢見体験」の実験中、深いノンレム睡眠中に起こしてみても、頻度は低いのですが夢を見ていることが判明しました。

次ページ眠っているかぎりつねに夢の世界にいる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。