「説明が下手な人」にありがちな残念な伝え方

「あれもこれも……」と欲張ってはダメだ

すべて伝えようとするから伝わらないのです(写真:tkc-taka / PIXTA)
新製品の提案、会議のまとめ、部下の指導……ビジネスの現場は、毎日のように誰かに何かを「説明」する場面であふれています。
そんなとき、思うように言いたいことが伝わらず、「で、結局どういうこと?」と聞き返されたり、仕事が滞ったりしてしまう――そんな苦い経験をしたことはありませんか? 『「いまの説明、わかりやすいね!」と言われるコツ』の著者であり、“思考整理のプロ”としてこれまで5000人以上の人たちの“説明下手”を改善に導いてきた浅田すぐる氏は、特に注意すべきポイントとして2つの対照的なキーワードを挙げます。

「説明」は、どこまですればOKなのか?

「なぜ、うまく説明できないのか?」

その理由はもちろん挙げていけばきりがありません。ただ、そのなかでも特に重要なポイントとして「網羅性」と「代表性」があります。

突然ですが、1つ質問をさせてください。

「『クルマの機能』といえば、何を思いつきますか?」

ご自分なりの答えを考えてから、読み進めてくださいね。

……私自身もそうですが、「自動車業界」の出身者は、この質問に対してほぼ金太郎アメのように「走る、曲がる、止まる」の3つだ、と答えます。

たしかに「走る」ための動力装置(エンジン)と、その動力を「曲がる」という観点で制御する操舵装置(ハンドル)、「止まる」という観点で制御する制動装置(ブレーキ)があれば、クルマというモノは成立するといえます。

ただ、本当にこの3つだけかというと、たとえば「運ぶ」という機能も選択肢としては考えられるでしょう。あるいは、電気を「溜める」機能も注目されていますし、これからは「つながる」という、IoT的観点をふまえてクルマを再定義する動きもあります。

要するに、クルマの機能について本来はほかにもいろいろとあるわけです。「走る、曲がる、止まる」は、クルマの機能を「すべてカバー」しているわけではありません。

ただ、「網羅しているわけではないが、代表的な3つとしてはこれで十分だろう」と誰もが了解しやすいものが、先ほどの「走る、曲がる、止まる」なのです。実際、この話は「自動車の3つの基本性能」といわれ、業界では常識とされています。

次ページ「言いたいことがまとまらない」本当の理由
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。