日本は英語以前に「作文教育」をやるべきだ

議論ができれば日本人はもっと活躍できる

浜田:それから、イギリス英語の勉強をすることです。ヨーロッパ系(オーストラリア、インド)の訛りはみんなイギリス英語(ロンドンの下町コックニー)の訛(なま)りだからです。僕はイギリスで教えてからアメリカに帰ったのですが、おかげでアメリカでのヒアリングはものすごくラクになりました。

斉藤淳氏(撮影:今井康一)

斉藤:非常に実用的なアドバイスですね(笑)。

浜田:イェールの日本語教育もしっかりしていますね。日本語は漢字というバリアはありますが、発音が難しくないですし、他言語に比べて簡単なのかもしれません。

斉藤:イェールの日本語は本当にすごいですよ。

浜田:自然にファーッと話してきますからね。その点は、日本も英語教育はせめて若いうちに発音に対する耳をつくっておくとずいぶんラクになると思います。それからある時期で書く訓練をしないと、商売にはなりません。

斉藤:イェールの日本語の授業は本当に徹底していて、キャンパスで日本語の先生に会うと「○○先生、こんにちは」と言って会釈しないといけないんです。日本の文化、ビヘイビアから言葉に合わせて「○○先生、こんにちは」とお辞儀をしないと減点になるんです(笑)。やはり、言葉は体の動きが連動しないとダメなんですね。

浜田:ハーバードの日本政治の専門家スーザン・ファー先生も、風格、仕草などを見るとまるで大和撫子です。議論などでも、英語をしゃべるからといって日本人としての品性を失うくらいアメリカ風にやる必要はありませんが、その内容は対等にできないと困る。

けんかをしないで議論できる日本人が世界で活躍する

『世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

斉藤:教育はそのためのものです。権威にかさ着て自分の言っていることを暗唱させるために教育しているわけではないのですから。

浜田:日本でも、いろいろなことを批判的に、しかし、けんかをしないでちゃんと議論できる社会が来つつあると思います。もっとも、私がアメリカで唯一英語を褒められたのは、「浜田さんの英語は外国人とけんかができる英語だ」ということでしたが。

斉藤:これまでのおとなしい日本人とは違う、ちょっと変わった生徒が海外に飛躍するための挑戦ができる時代にはなっているので、日本もまだまだ捨てたもんじゃないと僕は思っています。浜田先生ですらいろいろ失敗して挑戦していらっしゃったわけですから、若い子にもめげないで頑張ってほしいですね。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。