フクシマにトルコ、世界でウソが蔓延中だ

3大映画祭を制したファティ・アキン監督に聞く

「ほんの小さな問題です」は大ウソ

――トルコのゴミ処理場をテーマにした映画に、日本人が共感できるのか?と思いながら見始めました。でも、途中でその考えは変わりました。チャンブルヌの問題が福島第一原発事故の問題と重なっているように思えたのです。これはトルコだけでなく、世界的な問題だと思います。

そのとおり。僕がこの映画を作っている最中に福島の事故が起こった。ドイツでも原発の核汚染ゴミの処理場問題も起きていた。そして、こうした問題すべてのつながりに気づいた。世界中どこに行っても同じウソが蔓延している。「それはたいした問題じゃない。ほんの小さな問題です。解決できます」と言う。でも、それは大ウソなんだ。これはひとつのモデルであって、このモデルは世界中どこに行っても同じだよ。

――現在、イスタンブールでは大規模な反政府運動が起きています。ゲジ公園の緑地再開発反対運動を、警察が武力鎮圧したことがきっかけとなり、これまで政治に興味のなかった人々までが立ち上がり、抗議を始めました。今、イスタンブ-ルで起きていることと、この映画に何かつながりはあると思いますか?

映画に登場するゴミ処理場建設を決定した政治家たちは、ゲジ公園の問題を起こした人間と同じ種類の人々だ。環境問題を引き起こす人々。そこにとても強いつながりがあると思う。ゲジ公園は今回の反政府運動の発端であって、今では言論の自由や民主主義を守れ、という問題に移っている。しかし、すべてはエルドアン首相の行きすぎた経済成長重視政策によって始まった。

第3ボスポラス大橋建設計画、黒海地域を結ぶ高速道路の建設計画、黒海の町シノップの原発誘致、そして、ついには世界でいちばん大きな空港まで建設しようとしている。建てて、建てて、成長して、成長して……それが環境にツケを払わせる。それがこの映画で描かれていることなのだ。トラブゾンでは、古くから人々がゴミを黒海に捨てていた。ゴミ問題はつねに起きていたんだ。そこで政府は2000人しか住んでいない小さな村にトラブゾンから出るすべてのゴミを捨てることを決めた。そして、100万人がその政党に投票し、2000人だけが反対したのだ。

次ページ僕たちの資本主義は終わりに近づいている
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。