ベトナム原発計画中止で無視される「民意」

史上最悪の海洋汚染事件と重なる「構図」

「原発は安全だと聞いていたから、なにも心配はしていませんでした。(移転予定の)新しい土地は水が出るし。先祖の墓を移す必要がなくなったのはよかったけどね」

日本で起きた震災と事故から、村には原発を不安視する声もあった。ただし、グォーさん聞くとそれはごく一部で、期待していた賠償金を手にできずに「残念がる人が多い」と笑う。この村では原発の“安全神話”は健在なのである。

原発計画自体についても、村民には中止ではなく、一時的な停止と伝えられたそうだ。理由は資金難とだけされ、将来の建設再開に含みを残した説明だった。

「国家の発展のためには原発は必要だと思います。前のグエン・タン・ズン首相のままなら原発はできていた。前と今の指導者で、考え方の違いがあるのでしょう」

グォーさんはなにも水を向けていないのに、「国家」と「指導者」いう予期せぬ言葉を持ち出して話を終わらせる。原発計画は始まりも終わりも、結局は民意の及ばない別の場所で決定が下されていた。

権力闘争が止めた原発計画

突然変更されたズン前首相時代の原発プロジェクト(2012年・ニントゥアン省)

ベトナムの原発は2009年、ズン前首相が主導し建設が決定された。ちなみに凍結されているが、日本の「新幹線」方式による高速鉄道計画もズン首相が積極的に推進したものだ。

ズン氏は2006年に首相に就いて以来、環太平洋連携協定(TPP)への参加など、成長を重視した経済・社会改革を推し進めた人物である。おそらく1986年のドイモイ以降に登場した、最も急進的な「改革派」政治家だろう。

しかし、そんな速すぎる改革開放路線に対し、共産党のグエン・フー・チョン書記長を中心にした「保守派」は警戒感を強める。党書記長に加えて国家主席も兼務すると憶測が流れたズン氏だが、党内からは権力集中に反発する声も沸き上がっていた。

昨年の意表をついたズン首相引退は、一党独裁を維持したい共産党体制下で展開された激しい政治抗争、権力闘争の末の「事実上の失脚」と見られている。

次ページズン氏の影響力排除
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT