中国が消えた「アジア安全保障会議」の舞台裏

どうして中国は大物を送らなかったのか

写真中央が中国代表の何雷中将。今回、中国政府は”小物”を代表として派遣した(写真:ロイター/アフロ)

6月2〜4日の日程で開催されたアジア安全保障会議(シャングリラ・ダイアローグ)は異例ずくめのものだった。

シャングリラ・ダイアローグは、2002年にシンガポール「建国の父」リー・クアンユーが後押しして誕生した、年1回の国際会議。地域の安全保障を議論する主要な国際会議で、アジア諸国や欧米の国防大臣・専門家がこの豪奢なシャングリラ・ホテルに一堂に集う。例年であれば南シナ海をめぐって米中が火花を散らすのだが、トランプ政権のアジア政策が見えないなか、ジェームズ・マティス米国防長官がどのように地域へのコミットメントを示すのかが最大の焦点となった。

「ヒール役」の中国が消えた

その裏で目に止まったのが、「ヒール役」といえる中国が消えたことである。過去数年、人民解放軍の副参謀長を送っていた中国が、今年はずっと位の低い軍事科学院副院長の何雷中将の派遣にとどめたのだ。2011年には、現役国防相という大物を送ってきたこともあったのだが。

数カ月前、筆者は「例年より地位の高い範長龍・軍事委員会副主席を招こうとしたがうまくいかず、去年と同じく孫建国・副参謀長の参加が見込まれている」と主催者・英国国際戦略研究所(以下IISS)関係者から聞いていた。そのため、階級の低い人物を送ってきたことに驚いた。

会議開幕に合わせて開かれたIISSによる記者会見でもこのことが話題となった。2週間前にわざわざ北京にスタッフを派遣して調整にあたったが、うまくいかなかったとの説明があった。

なぜ中国は大物を送らなかったのだろうか。

次ページなぜ大物を送らなかったのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT