元カレをストーカーにした50歳女性の言動

警察に突き出すなら感情で伝えてはいけない

「本当にいいんですね?」

「いいの。だって逮捕なんてあんまりだわ」

「わかりました。では、私ができることはここまでです」私はそう伝えた。人というのは不思議なもので、いくつかの感情が複雑に入り交じると怒りも何も感じなくなる。無の境地とはこういうことなのかもしれない。

「また何かあったら連絡してください」

「そうするわ」彼女はスタスタと歩いていった。

「あ、ひとついいですか?」私は彼女の背中に話しかけた。

「なに?」彼女が立ち止まり、面倒くさそうに振り返る。

「インスタグラムです。私が見るかぎり、あそこに載せる写真が男性の感情を刺激しています。メールや電話をやめてほしいのであれば、インスタグラムをやめたほうがよいかもしれません」

「何それ。そんなの私の勝手でしょ」そう言い捨て、彼女は去っていった。

情報を発信することのリスク

『職業「民間警察」』(幻冬舎)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

インスタグラムなどSNSは手軽な情報発信ツールだ。誰もが、そうわかったつもりで使っている。しかし、実際にはわかっていない。情報を発信することのリスクを軽くとらえているのだ。

料理やレストランの写真は、見る人が見ればわかる。現に付きまといの男は、彼女がどこで食事をしたか言い当てた。リアルタイムで情報発信すれば、今、どこにいるかもわかる。少し長期で観察すれば、職場にいる時間、自宅に戻る時間、休みの日などを把握することもできるだろう。

そのリスクを、はたしてどれだけの人がわかっているだろうか。個人情報保護法ができて以来、企業や行政機関などから情報が漏れる可能性は激減した。彼女が抱えたトラブルはその典型だ。彼女は被害者ではあるが、見方を変えれば、自分の言動でトラブルを引き起こしたともいえる。

男はきっと今夜もインスタグラムを見るのだろう。そして彼女のことを考える。情報を追いかけ、思いを募らせる。

男の愛情は雪のようなものだ。相手のことを思うほど高く積もる。一方、女の愛情は水である。積もることなくさらさらと流れていく──。そんな一節を、小説で読んだことがある。そのとおりだと思った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT