元カレをストーカーにした50歳女性の言動

警察に突き出すなら感情で伝えてはいけない

これがスイッチだ。彼女が楽しく過ごしている様子を見て、男の感情が刺激されているのだろうと思った。インスタグラムの写真の掲載日と男から来たメールの日付を突き合わせてみる。どれも見事に符合していた。レストランの写真を載せた次の日に、誰と行ったんだといった質問や、昔俺と行った場所じゃないかといった恨み節のメールが来ている。買ったばかりの洋服やバッグなどの写真を載せると、その都度、かわいいね、似合いそう、一緒に買いたかったというメールが来ていた。

これは危ないかもしれない──私はそう思った。家を訪れたり尾行したりといった行動には至っていないが、彼女の行動を逐一観察していることは明らかだった。

ひととおり確認し、私は今後の話をした。

重要なのは事件の芽を摘むこと

「警告で付きまといが収まらない場合は、禁止命令を出してもらうことができます。禁止命令に違反した場合は逮捕することもできます。もしそういう対応を望むのであれば、手続きを手伝いましょう」

「逮捕って? 罪になるってこと?」

「もちろんです。懲役または罰金です」

「なら、そうしてちょうだい。もうこんな生活耐えられない」

「わかりました。では、一緒に警察に行きましょう」

彼女を連れて所轄の警察署に出向いた。彼女の素行や言動にも問題はあるが、放っておけば危険な目に遭う可能性もある。重要なのは事件の芽を摘むことだ。

警察署内の一室に通され、手続きを待った。彼女は終始、いすが硬い、のどが渇いたと文句を垂れていた。

しばらくすると急に彼女が黙り込んだ。難しそうな顔をして、何か考えている様子だった。

「やっぱりやめる」唐突に彼女が言った。

「え?」

「逮捕のことよ。やめるわ。警察の人にそう伝えて」

「逮捕ではありませんよ。禁止命令を出してもらい、それでも収まらなかった場合に逮捕されるということです」

「なんでもいいから手続きを止めて。あの人がかわいそう」

私は自分の耳を疑った。逮捕だ、逮捕だとわめいていたのはつい1時間前のことである。

その女性が、今はかわいそうだと言っている。驚きとあきれといらだちが一気に湧き上がり、めまいを起こしそうだった。とはいえ、それが依頼主の希望であるなら、まずは手続きを止めてもらわなければならない。私は警察官にそう伝え、どうにか処理を止めてもらった。警察からすれば迷惑な話だ。彼らは決して暇ではない。ほかに助けを求めている人が大勢いる。そういう状況をまったく考えることなく、彼女は警察を振り回しているのだ。私は担当してくれた警察官に詫び、足早に署を出て行く彼女を追った。

次ページリアルタイムで情報発信すれば…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 見過ごされる若者の貧困
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT