集中力を下げる!ダメな行動「ワースト3」

「手のひらを3秒見つめる」ほうがずっといい

「集中力」を身に付けるための小さな行動のコツとは?(写真 : Graphs / PIXTA)

集中できないのは、能力ややる気のせいではない

仕事は増える一方なのに時間が足りなかったり、集中力が続かなくてイライラしたり。人は思うような行動がとれないと、つい自分や周囲を責めてしまいがちです。でも、集中できないのは自分のせいでもなければ、周りの人のせいでもありません。

私は行動科学マネジメントのコンサルタントとして、多くの企業やビジネスパーソンのお手伝いをしています。行動マネジメントとは、誰でもすぐに理解できる「行動」に着目したメソッドです。「やる気」のようなあいまいな要素は排除して、とるべき行動を明確に提示するため、その行動をした人は、誰もがいい結果を出すことができます。

私が仕事を通して実感しているのは、この世にやる気のない人など1人もいないということです。同時に、ちょっとした集中のコツを知らない人がたくさんいるという現実も目の当たりにしています。「集中する方法」さえ知っていれば、毎日をもっとラクに過ごすことができるのです。

一部の超ハイパフォーマーを除き、普通の人は「集中しよう」と思ってもなかなか集中できるものではありません。集中したいときには、集中につながる行動をとることが大切です。

集中力にはやる気も才能も必要ありません。誰でも小さな行動のコツで「集中力」を身に付けることができるのです。

次ページ集中力を高めているつもりで、実は妨げている3つの行動
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。