集中力を下げる!ダメな行動「ワースト3」

「手のひらを3秒見つめる」ほうがずっといい

3.自分の手を3秒見つめる

『今すぐ! 集中力をつくる技術――いつでもサクッと成果が出る50の行動』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

試験勉強に集中しなくてはならないのに、床のホコリが気になって掃除を始めてしまう――。このように、自分の作業以外のものが視覚に入るととたんに集中力をそがれるのは、ひとつのことに集中するのに疲れた脳が、ほかのものを探し始めるからです。

せっかく仕事に集中していたのに、机の上に積み上げられた資料や人の話し声など、別のものに意識が向かい始めてしまった……。そんなときは、自分の手を3秒、見つめてください。それだけで、散らかりそうになった意識が自分に戻ってきます。

自分の意識を自分でコントロールすること。これが集中への第一歩なのです。

コツさえわかれば、仕事も勉強も家事ももう疲れない

行動科学マネジメントの第一人者である石田淳さんとまとめた新刊『今すぐ! 集中力をつくる技術』の中でも紹介していますが、「行動科学セルフマネジメント」はいつでも誰でも、行動のコツを繰り返し実践していくだけでできるようになる手法です。この手法で集中するためのコツがわかるようになれば、短い時間で疲れることなく、すっきりと仕事をこなしていくことができます。ぜひ、活用してみてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。