ハウステンボスの東京進出に秘められた野望

東京の次は「アジア進出」も構想、現実味は?

業績も一時期の勢いはなくなっている。2016年4月の熊本地震の影響を受け、前2016年9月期はHISの子会社化後としては初の減収減益になった。今2017年9月期は回復を見込んでいたが、地震の影響が長引き、海外客や団体客の回復は鈍い。

今期も減益となる可能性も

現在の見込みは年間入場者数300万人(前期比4%増)、営業利益82億円(前期比8%増)。だが、5月中旬に公表した第2四半期の実績では入場者数、営業利益ともに前年実績を下回っており、達成は微妙なところだ。

HISの下で、プロジェクトマッピングやロボット、VRといった"新しいモノ"を次々と導入し、奇跡的な復活を遂げたハウステンボス。こにきて東京進出や海外展開を構想するのは、次代の成長戦略を見つけ出そうと苦悩している側面もありそうだ。今回打ち出した新展開の行方に注目が集まる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT