ハウステンボスの東京進出に秘められた野望

東京の次は「アジア進出」も構想、現実味は?

ハウステンボスは1992年、2000億円以上もの費用をかけて佐世保市に開業した。ただ、立地の悪さにより集客面で苦戦が続き、2003年に会社更生法を申請。その後、2010年にHISが子会社化し経営再建に着手した。

澤田氏はハウステンボスの社長に就任し、固定費の削減やイベントの実施といった集客策を次々に実施。現在はHISグループ全体の利益の半分近くを稼ぐまでに成長した。

突然、世界進出構想をブチ上げた澤田秀雄社長に報道陣の質問は集中した(写真は5月下旬の決算会見時のもの、記者撮影)

最近ではハウステンボスの広大な敷地を生かし、ロボットを活用したアトラクションや「変なホテル」といったさまざまな新規事業を展開している。

ハウステンボスで実験し、ホテルなどはHISのグループ会社でも展開するなどシナジーも生まれ始めている。

今回、澤田社長は東京進出に加えて、「もっと世界に展開できないか検討を始めている」と世界進出構想をブチ上げた。「ディズニーもユニバーサルも全世界に展開している。(東京進出は)一部の切り出しでもその練習になる」(同社長)と東京進出の真の狙いを明かす。

アジアに第2のハウステンボス構想

海外の進出先として見据えるのは中国などアジア域内で、1時間圏内に人口1000万~3000万人が居住する場所だ。

HISはハウステンボスで生まれた「変なホテル」を武器にホテル事業の拡大を狙う(記者撮影)

こうした地域に期間限定ではなく、ハウステンボスのコンセプトである花と木、欧州の街並みなど常設のテーマパークを持ち込む計画だ。投資額は1000~2000億円を想定し、早くても2~3年は先になるという。

東京進出に海外展開と、新たな展開を進めるハウステンボスだが、最近は課題も浮かび上がっている。HISによれば入場者数約300万人のうち、九州域内からの顧客が7割弱を占める。

HISの力を借り、ハウステンボスを訪れる旅行商品なども販売してきたが、九州域内に頼った集客から脱却できていない状況だ。

次ページ再建フェーズを終え、成長戦略は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT