ディズニーの「展覧会」が圧倒的にスゴイ理由

「マーベル展」には日本独自の仕掛けがあった

「マーベル展」の会場入り口でゲストを迎えるアイアンマン(写真:ウォルト・ディズニー・ジャパン) ©2017 MARVEL

東京・六本木ヒルズ。4月6日から「マーベル展 時代が創造したヒーローの世界」が開催されている。アベンジャーズやスパイダーマンなどアメコミ(アメリカンコミック)ヒーローで知られるマーベルの世界観を紹介する、日本初の総合展覧会だ。

会場の入り口では高さ5メートルのアイアンマンがお出迎え。1939年発行の『マーベル・コミックス』第1号から、今夏公開予定の映画『スパイダーマン』のプレビュー映像まで、マーベルの歴史を総まくりできる。ビンテージ物のコミックス、映画で使用された各ヒーローのコスチュームや小道具など、約200点が展示される。

出版部門を統括するシニアバイスプレジデントでマーベルのキャラクターを熟知するトム・ブリーヴォート氏は「マーベルユニバース(世界観)の全体像を見てもらえる初めての展覧会。1941年に描かれたオリジナルのアートワークなどは、僕自身も見たことはなかった」と興奮気味に語る。

記者も4月下旬、マーベル展をのぞいたが、想像以上に若い世代の来場者が多かった。会場には1人で展示物に見入る女性の姿もあった。

仕掛け人はディズニーの日本法人

マーベルは現在、アニメーションスタジオの「ピクサー」、スターウォーズの「ルーカスフィルム」と並んで、米ウォルト・ディズニーの一員だ。買収によって傘下入りしたのは2009年。『アベンジャーズ』『ドクターストレンジ』など、マーベルの映画が最近増えた背景には、こうした事情もある。

実は今回の展覧会を仕掛けたのも、ディズニー側、正確には日本法人のウォルト・ディズニー・ジャパン(以下ディズニー)だ。「マーベルにとっては日本での浸透度をどう高めるかが課題だった。そんな時に、このマーベル展をディズニーが提案してくれた。スパイダーマンがマスクを取ると普通の高校生に戻るように、われわれも仮面を取って真の姿を見せれば、マーベルをもっと理解してもえると思った」(マーベルのバイスプレジデント、C.B.セブルスキー氏)。

次ページ同時に4つの展覧会を開催
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT