東京が100年経ってもパリにかなわない理由

銀座のライバルは、ドバイなんかじゃない!

これが本当に人間が生き生きとする都市づくりであり、特に東京はそのはるか逆サイドに存在する都市であると言わざるをえない。経済性から見れば優秀な都市でしょうが、人間らしく生きられる都市かどうかと問われれば、対極にあると言われても仕方がない。

なにせ今大人気の「ギンザシックス(GINZA SIX)」を設計した人たちが、「銀座のライバルはドバイだ」、などと堂々と言っちゃうくらいですからね。銀座をドバイのようにして、どうするつもりなのか。

銀座という日本では数少ない商業カルチャーの伝統が残っている街をドバイに……もう、これは頭が悪いとしか思えない。銀座は銀座、であり続けてほしいと思う(ちなみにギンザシックスには銀座ゆかりの老舗は入っていない)とパリにいるとつくづく思うわけですね。

そして働き方改革についても、言いたくなることが出てきます。

ここにいるといつも考えさせられるんですが、平日にもかかわらず、みんな昼間からばんばん酒飲んでます。これでも昔より飲まなくなった、と言ってますから、「昔はどんだけ飲んだんだよ」と思いますね。

「あんた、バカじゃないの!」と一喝されたワケ

今ランチをしているわれわれの隣の席で飯食ってワインをのんでいる女性2人組はなんと某フランス大手の銀行員!!(日本でいうと三菱東京UFJ銀行のOLが昼から酒飲んでる感じ……)。あんまり楽しそうなので、「仕事は楽しいですか?」と聞いたら「あんた、バカじゃないの、仕事が楽しいわけないでしょ! こうして昼から友人と食事をするのが楽しいから、嫌な会社に毎日来てるの!」と一喝されました。おっしゃるとおり……。

多分日本だと、「昼からOLの分際で酒なんか飲みやがってとんでもねー」とかいう話になるんでしょうが、人生を楽しむことを最大の目標とするフランス人にとって、これは当たり前の光景であります。一緒にいる私の友人も決して給料が高い、という職種にいるわけではありませんが、1年間思い切り節約しておカネを貯めて、1年に一度の海外旅行に家族で行くことを楽しみにしています。生活を楽しむために仕事をする、という意識が徹底していますね。

次ページ働き方改革ができるかは日本人次第
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT