スーパーIT灘高生が、大好きな日本を救う

新世代リーダー Tehu スーパーIT灘高生

ゆくゆくは音楽ライブのプロデュースもしたいと考えるTehu君にとって、コンピュータを使った映像、音楽、アートが一体化して見る人の心を揺さぶる日本のポップカルチャーは、日本にとどまらせるぐらいのパワーがあるという。

「ポップカルチャーだけでなく、日本の文化すべてが素晴らしい。ボクは日本の文化が大好きなんです。そして、日本の売りは文化しかないと思っている。ソフトウェアでもハードウェアでもなく、文化。これをもっと進化させて、世界中に広めて、日本を救いたい。最終的には世界中の人を日本の文化で幸せにしたいと考えている」

灘で埋もれないために自分にしかできないことを模索してきたTehu君はいま、日本が世界で埋もれないために日本にしかできないことを考え、日本のため、世界のためと視野を広げている。世界における日本の素晴らしさに気づいていないのは、当の日本人かもしれない。まさに灯台もと暗し。

「スーパーIT大学生」になったら

この夏、慶応SFCをAO入試で受けた。

「ここは成績だけで評価しない。ボクが中学、高校でずっとがんばってきた活動を評価し、ボクが何をしたいのか、その大学に合っているか、人となりを総合的に判断してくれる。コンピュータ・サイエンスもアートもデザインも何でもできるし、勉強だけしていたらもうダメなんだという空気がある」と志望理由を話す。合否の判定は秋だ。

では「スーパーIT大学生」になったら、どんな活動をしていくのだろうか。

「いまはまだかっちり固める段階じゃない。まず何でもかんでもやってみる段階だと思っている。ボク自身が見つけていない何かがあるかもしれないから」

この8月16日に18歳になったばかりのTehu君。羽を広げて、「いろいろ」が本格始動する。既存の尺度にとらわれず、自分の触覚をたよりに自由に飛んでいく先々で、未来の花を咲かせるに違いない。

(撮影:梅谷 秀司)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT