結婚に3回失敗した男が知った「結婚の真理」

投身自殺、婚約破棄を乗り越え……

「それをのむ自分は、甘いですかね」

「そうね。もし1年後に結婚できなかった場合は、またゼロからのスタートになるよ。それでもいいの?」

「ですよね。だけど彼女の過去を考えると、それも受け入れてあげなきゃいけないかな、って。彼女のことが好きだし、自分のペースで事を動かすと、この結婚はダメになる気がするから」

そうして裕紀は、彼女の提案を受け入れ、5月に退会していった。

彼女が慎重にならざるをえなかった理由

なぜ彼女が、“1年様子を見て、それから入籍をしたい”と言ったのか。彼女は、1度結婚に失敗をしていたのだ。36歳の時に結婚をしたのだが、1年足らずで離婚をした。その時の結婚には“実態”がなかった。籍を入れたのだが、一緒に暮らす前に関係が破綻し、離婚をした。結婚が破綻した理由を、裕紀は知らない。

裕紀がポツリと漏らしたことがある。

「彼女、『そうとう傷ついた』って言ってたな」

彼女自身は“もう二度と結婚はしたくない”と思っていたのだが、もうじき40歳になる娘を心配した母親が、仲人をしている友人の結婚相談所に登録をした。そして、何度目かのお見合いで、裕紀に出会ったのだ。

一方、裕紀が私の相談所に面談に来たのは、退会する10カ月前のことだ。大手結婚情報センターでお見合い活動をしていたが、そこで結婚を決めた女性から、数週間後に結婚を破談にされた。そんなときに私をFacebookで知り、メルマガを読んで訪ねてきてくれた。

面談の時、こんな会話をしたのを覚えている。

「どうして彼女は急に『結婚をやめる』と言いだしたのかしら」

「なんだか彼女のお父さんががんで余命3カ月を医者に宣告されたらしいんです。その後すぐにお母さんにもがんが見つかって。彼女は、『もう結婚どころじゃなくなった。結婚はできない』と言ってきたんですね」

「でもそんなときこそ、結婚してパートナーと助け合ったほうが心強いって、普通は思うんじゃないの?」

「僕もそう言ったんですけど、彼女は“結婚できない”の一点張りでした。
本当にご両親ががんだったかどうかはわからない。作り話だったかもしれない。だけど、“結婚できない”というのが、彼女のその時の正直な気持ちだと僕は受け取ったから」

女性を思うやさしさなのか、自分が傷つきたくないがための防御なのか、恋愛を達観したあきらめなのか。その時私にはわからなかったが、のちに裕紀の過去の恋愛話を聞いて、なぜ女性のわがままをすべて受け入れてしまうのか、その理由がわかった気がした。

裕紀は、身長172センチメートル、今でも休みの日には友達とフットサルをするというスポーツマンだ。体はほどよく引き締まり清潔感もある。学生時代や20代の頃はさぞモテただろうと思いきや、学生時代は女の子と付き合ったことがなかったという。初めて女性と男女の関係になったのは、29歳の時。会社の2つ上の先輩で、10年間片思いしていた人だった。ただ、彼女には彼氏がいた。

次ページ再び結婚したい、と思うまで
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。