嫌われる人の「ウザい質問」、よくある5大NG

「今その話?」「失礼すぎ!」あなたは大丈夫?

それから、会話を無理につなげようとして、「何を聞いているのかわからず、適当に質問をしてしまう」のもよくあるダメな質問です。

適当な質問では会話は弾まない

【ダメな質問3】自分でも何を聞いているのかわからない

A「この店は、センスがいいから好きなんだ」

B「なんで?」

A「……?」
A「Apple Payをやってみたんだけど、YouTubeで動画を見ておいたから、迷わずに使えたよ」

B「それで?」

A「……?」

どちらもBさんは、自分でも何を聞きたいのかわからないままに、適当な質問をしてしまっています。これではAさんは答えに詰まってしまいますね。

「何か答えないと悪い」という気持ちからだと思いますが、これでは会話が止まってしまいます。

【ダメな質問4】「自分の決まった意見」に誘導しようとする

A「こないだ、新しく駅前にできたイタリアンに行ってみたんだ」

B「ああ、あの店ね。あそこは、雰囲気はいいんだけど料理の味が薄くて、何を食べてもぼやっとした印象だったでしょう」

A「(そうでもないんだけどな……)」

Bさんは、Aさんに質問する形で、実際には自分の意見を押し付けてしまっています。Aさんがそう思っていない場合は、あまりいい印象を持たないと思います。

次ページ「は?」「え?」は失礼です!
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
直撃!公取委の本音<br>杉本委員長が激白

リニア談合に地銀の統合、アマゾンジャパンへの立ち入り検査まで、公正取引委員会が「一喝」を繰り出す場面が増えている。司令塔である杉本和行委員長が語る、国際標準の競争政策。