嫌われる人の「ウザい質問」、よくある5大NG

「今その話?」「失礼すぎ!」あなたは大丈夫?

ダメな質問でよくありがちなのは、相手が返事に困ってしまうような「あいまいな質問」です。

質問は趣旨を外さず具体的に

【ダメな質問1】相手が答えようのない「あいまいな質問」をする

A「4月から新しい部署に異動になったんだ」

B「ふうん、どうなの?」

A「(どうなの?と言われても……)」
A「北海道に旅行に行ってきたよ」

B「へー、北海道ってどんな感じ?」

A「(どんな感じ?って漠然としすぎ……)」

これでは、AさんはBさんに対してどのように答えていいのか、ちょっと困ってしまいますね。Bさんが何を聞きたいのか、「質問返し」が必要になってしまいます。

質問はなるべく具体的に聞くのがコツです。

【ダメな質問2】いきなり「本題とズレた質問」をする

A「昨日の夜、散歩していたら、変わった飲み屋を見つけてさ……」

B「散歩? なんで夜に散歩なんかしているの?」

A「(散歩の話をしたいわけじゃないんだけどな……)」

Aさんは「クリスマスイルミネーションを一年中飾っている変わった居酒屋を見つけた」という話をしたかったのに、BさんはAさんの話の趣旨とズレた質問をしてしまっています

「夜に散歩をした理由」を聞きたいというのはもちろんいいのですが、Aさんの話をひととおり聞いたあとで質問しましょう。

次ページ「誘導質問」する人いませんか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT