嫌われる人の「ウザい質問」、よくある5大NG

「今その話?」「失礼すぎ!」あなたは大丈夫?

ダメな質問でよくありがちなのは、相手が返事に困ってしまうような「あいまいな質問」です。

質問は趣旨を外さず具体的に

【ダメな質問1】相手が答えようのない「あいまいな質問」をする

A「4月から新しい部署に異動になったんだ」

B「ふうん、どうなの?」

A「(どうなの?と言われても……)」
A「北海道に旅行に行ってきたよ」

B「へー、北海道ってどんな感じ?」

A「(どんな感じ?って漠然としすぎ……)」

これでは、AさんはBさんに対してどのように答えていいのか、ちょっと困ってしまいますね。Bさんが何を聞きたいのか、「質問返し」が必要になってしまいます。

質問はなるべく具体的に聞くのがコツです。

【ダメな質問2】いきなり「本題とズレた質問」をする

A「昨日の夜、散歩していたら、変わった飲み屋を見つけてさ……」

B「散歩? なんで夜に散歩なんかしているの?」

A「(散歩の話をしたいわけじゃないんだけどな……)」

Aさんは「クリスマスイルミネーションを一年中飾っている変わった居酒屋を見つけた」という話をしたかったのに、BさんはAさんの話の趣旨とズレた質問をしてしまっています

「夜に散歩をした理由」を聞きたいというのはもちろんいいのですが、Aさんの話をひととおり聞いたあとで質問しましょう。

次ページ「誘導質問」する人いませんか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。