トヨタも勝てない「スズキ」インド戦略の要諦

現地取材でわかった圧倒的強さの理由

ほぼ白い車。しかもほぼマルチスズキ車(筆者撮影)

拡大し続けるインドの自動車市場

中国に匹敵する世界第2位、約13億人の人口を抱えるインド。経済成長著しい中で拡大しているマーケットの1つが自動車市場だ。2016年の新車販売台数は366万台(前年比7%増)とこの15年で4倍前後に増え、中国(約2800万台)、アメリカ(約1780万台)、日本(約500万台)、ドイツ(約370万台)に次ぐ世界5位。ドイツを抜く日も近く、まだまだ拡大余地を残している。

先日、私は30年ぶりにインドを訪れた。バックパッカーとして訪れた30年前、この同じデリー空港の入国審査で私はカルチャーショックを受けていた。パスポートに入国スタンプをなかなか押してくれない老いた入国審査員が、私に向けて右手を出していることに気づいたのだ。そう、ボールペンだったか、そのようなものを彼の手に差し出すと、すぐさまそのスタンプは押された。良い悪いではなくこれは文化なのだろうと、少し憤慨しながらも理解したことを思い出した。

想像していたことでもあったが、30年前と比較してみるならまったく様変わりしたインドの光景が目の前に広がっていた。国の窓口ともいえる空港からして別世界であった。手続きは少し厄介であるが、北米のESTAのような電子ビザを準備しておくことにより、あっという間に入国審査は終わった。

そんな近代的な空港ビルディングには、いまや到着ロビーですらしかるべき人間しか入ることを許されず、かつてのように物乞いに囲まれ動けなくなったり、犬や牛までが侵入していたりするようなことはありえなかった。空港周辺には世界のラグジュアリー・ホテル・チェーンの見本市のようにモダンで美しいホテルが並び、また、建設中のものも多数見られる。

次ページオールドデリーの市街地へ入ると…
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT