「モテる聞き方」は、こうすればできます!

「デート、飲み会、合コン、婚活」全部使えます

あと、「相手に気持ちよく話してもらえる質問」をしたり、「相手の気持ちに共感する」ことも、「モテる聞き方」の大切なポイントです。

質問で「興味がある」ことをアピール

【モテる聞き方3】プライベートすぎない「上手な質問」をする

気になるお相手と会話を弾ませるには、「上手な質問」が欠かせません。「あなたに興味がありますよ」「あなたに好感を持っていますよ」ということを質問でアピールするのです。

このとき、「どんな質問」をするかがポイントになります。

たとえば「最近は、こういうバル形式のお店がはやっているんですかね?」とか「今月は雨の日が多くないですか?」なんていう質問は、悪いとは言いませんが、ちっとも相手との距離が縮まりませんよね。

だからといって、「〇〇さんって彼氏いない歴、どれくらいですか?」などと、いきなり相手のプライバシーに立ち入る質問もNGです。

「〇〇さんはお休みの日は何をされているのですか?」とか「趣味は何ですか?」など、「相手に関すること」、かつ「相手が不快に思わないこと」から聞きましょう

そして、相手の答えが返ってきたら、それを「深める質問」をします。

相手の趣味が「ヨガ」ということなら、「どんなスタイルのヨガなんですか?」「難しいポーズってありますか?」などというように、相手に気持ちよく話してもらいながら、徐々に距離を詰めていくのがいいですね。

【モテる聞き方4】相手の気持ちに「共感」してあげる

人は誰でも「自分の話に共感してほしい」ものです。

自分の話に「共感」してくれない、自分を「否定」するような人とは、話をしても楽しくないし、好きになれませんよね。

別に「否定」しなくても、たとえば、次のような会話は少なくないと思います。

A「いま、事務作業をしながら窓口業務をしているんですが、これがもう大変で。私は2つのことを同時にするのって苦手なんです」

B「それは慣れの問題だよ。そうだな、料理で練習するといいよ。料理をしているときは、いろんな作業を同時に行うわけで……」

これではAさんはスッキリしません。Bさんが自分の話に「共感」することなく、「解決法」を提示してしまっているからです。

この場合、「そうか、2つのことを同時にするのって大変だよね」という、「相手の気持ちを受け止める言葉」がまず必要です。「解決法」や「アドバイス」を提示するのは、その後でいいのです。

「相手の気持ちがどこにあるか」をつねに考えながら聞くことが大切です。

次ページ1分でできる「とっておきのコツ」は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT