大手コンビニが全商品に電子タグ貼付へ

レジや棚卸を効率化、人手不足解消なるか

 4月18日、経済産業省は、2025年までにセブン―イレブン・ジャパンやファミリーマート、ローソンなどコンビニエンスストア大手5社の全商品に電子タグを付けると発表した。写真は都内のセブン―イレブン店舗。1月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 18日 ロイター] - 経済産業省は18日、2025年までにセブン―イレブン・ジャパンやファミリーマート、ローソンなどコンビニエンスストア大手5社の全商品に電子タグを付けると発表した。商品に電子タグを付けることで、レジや棚卸を自動化・効率化することができ、人手不足の解消にもつながることになる。

経産省は「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」を策定した。セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、ニューデイズが2025年までに、年1000億個にのぼる全ての取扱商品に電子タグを付ける。また、これに向けて、2018年をめどに、特定の地域で実験を開始する。

電子タグを付けることで、セルフレジの普及が考えられるほか、検品や棚卸など、これまでは人手をかけて行っていた作業が効率化できるようになる。また、万引き防止や食品ロスの削減などの効果も期待される。

アパレルなどでは進んできた電子タグだが、単価の安いコンビニ商品に取り付けるには、現状では10―20円程度の単価を引き下げる必要がある。また、読み取り制度の向上や電子タグの貼付技術の開発も必要とされ、産官学が連携して取り組みを進めるとしている。

 

 

(清水律子)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT