「妻の経済的自立」を阻もうとする夫の特徴

FPは見た!妻を見下すヒドい男たち

FPに相談する女性が増えているそうです。その理由とは?(写真 : xiangtao / PIXTA)

夫に内緒でファイナンシャルプランナー(FP)に相談する女性が増えている、と聞いたらどんな印象を持ちますか? ちなみに離婚の相談ではありません。老後の生活についての相談がほとんどです。自分の将来を見据えておカネの相談をされる方は増えているのですが、それを妨げる夫も存在します。

先日こんなお電話をいただきました。

「○○と申します。先日予約した相談をキャンセルさせてください。夫が私に対して不信感を持っているようです」。このような連絡をいただいて、私にできるのは「わかりました」と言うことくらい。なぜこのようなことが起こるのでしょう?

「ライフイベント」時にはおカネの相談をしたくなる

夫にしてみると、妻が自分の知らないところで、知らない人におカネの相談をしている。それが許せないのかもしれません。妻がだまされていると思っている夫もいるでしょう。なぜ夫である自分に相談しないのか、と憤る人もいるでしょう。妻への信頼度の低い夫の考え方に問題がありそうですが、反対に妻も夫を信頼していないことがわかります。

夫が現役時代には働いて稼いでくれましたが、定年してしまえば家事も炊事も生活に必要なことは何もできない。いまさら将来のことを相談するような雰囲気でもない。どうせ話しても聞いてくれないし、頼りにならないのに頼み事や命令ばかりしてくる。それを長年体感してわかっているのです。相談すべきは夫ではないことを。

一般的にFPに相談するタイミングがあります。結婚、出産、マイホーム購入、定年など「ライフイベント」と呼ばれる人生の節目で、多くの人は立ち止まってその後の人生について思いを馳せます。

その後の人生で欠かすことのできないおカネについて、今の生活スタイルで問題なくこれからも生活ができるのか。あるいは、節約をはじめとする何らかの努力をする必要があるのか。将来に向けての投資を考えるべきかなど、「自分のことだけれども、自分だけではわからないこと」を、FPに相談するのです。化粧やひげを剃るときに鏡を見て身だしなみを整えるように、FPを使うと、おカネの面で自分自身を見つめることができるのです。

次ページ女性が1人でFPに相談するタイミングは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。