「イヤホンランナー」が認識すべき危険と迷惑

聞きながら走る人が4割という大変な事態

イヤホンランナーは背後からの接近には、ほとんど対応できないと思ったほうがいい(写真:Dragon Images)

おしゃれなウエアに身を包んだ女性が、イヤホンで音楽を聴きながらさっそうと駆け抜けていく──。テレビCMなどでも見掛けたことのあるシーンだろう。実際にこんな感じのランナーが増えている。

株式会社アールビーズの「ランナー世論調査2016」によると、「トレーニングでの走行時に音楽を聴きますか?」という質問に、約21%が「毎回聴く」、約18%が「時々聴く」と回答。40%以上のランナーが音楽を聴きながら走っているのだ(「まったく聴かない」は約52%)。

本番の「レース走行時に音楽を聴きますか?」という質問になると、「毎回聴く」が約31%にUP。「まったく聴かない」は約43%しかいなかった。

好きな曲がかかると気持ちは上がるし

この連載の一覧はこちら

振り返ってみると“イヤホンランナー”が目立つようになったのは、iPodが登場した2001年以降だ。CDやMDと比べて飛躍的にコンパクトとなり、衝撃時の音飛びもない。イヤホンの色がホワイトだったことも視覚的にインパクト十分だった。

純粋に走りながら音楽を楽しみたいという人だけでなく、おしゃれアイテムとして、ファッションの一部として取り入れた人も少なくなかった。携帯ミュージックがランニング人気を後押しすると同時に、新たなビジネスマーケットになっていった。

現在ではスッカリおなじみとなったイヤホンランナーだが、では、それは手放しで褒められる傾向、存在なのだろうか?

筆者は音楽を聴きながら走ったことは何度かあるものの、すぐにやめてしまった。というのは、すぐに飽きてしまったことと、イヤホンが腕振りの邪魔にならないようにうまくセッティングするのが面倒だったからだ。

次ページ他のランナーにとっては、厄介な存在
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT