Spotifyとジョギング、相性が最高過ぎる理由

なぜ、一段と楽しく走れるようになるのか

Spotify Runningをレビューします!メールマガジン「小寺・西田の金曜ランチビュッフェ」2016年10月12日 Vol.101 <秋はどこに行ったのか号>より(写真 :kou / PIXTA)

Spotifyが日本に上陸

当記事はプレタポルテ(運営:夜間飛行)の提供記事です

音楽ストリーミングサービス最後の巨人、Spotifyが9月29日より日本でサービスが開始された。2008年10月にヨーロッパでサービスを開始、日本に来るまで実に8年もかかったわけである。

「ジャンル&気分」から、「Running」を選択

現在はまだ招待制で、コードをリクエストすると、メールで招待コードが送られてくるという状況だ。その理由としては、日本人利用者特有のレコメンデーションデータが十分に機能するまで、十分なデータが集まってからフルサービスを開始するという方針だからだと言う。とは言え、コードをリクエストすればたいていは数日後には送られてくるようなので、特にユーザーを選別しているわけではないようだ。

僕もサービス発表後すぐにコードをリクエストして、ここ2週間ぐらい便利に使っている。レビューも多く上がっているが、ほかにあまり見かけない用途のレビューをしてみたい。

「ランニングを開始」で測定スタート

実はSpotifyは、昨年の5月にSpotify Runningという機能を搭載した。ランニング向けのプレイリストを提供する機能だ。

同時にNike+ アプリとも連携した。Nikeは2006年にAppleと連携し、iPodと靴底に入れるセンサーの組み合わせてランニングのログ管理をするというソリューションを発表している。その後もAppleとは協力関係にあるので、Spotifyとの連携も驚くには当たらない。

筆者のジョギング歴はかれこれ10年以上になるわけだが、これまでずっとNike+アプリを使ってログを溜めている。昨年だったか合計ランニング距離が3000kmを突破した。ペースとしては遅い方だが、ガチのランナーというわけではないので、まあこんなものだろう。

次ページシンプルな仕組み
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。