キャリアに迷う医師、ただいま続出中!

大学医学部はキャリア教育がない?

このような研修制度は、2004年度からの臨床研修の指針変更によるものですが、若いうちに多くの診療科を回ることで、ジェネラリスト(なんでもひととおり診られる医師)を育てようという厚労省の方針でした。多くの診療科で研修を行い、それを今後の経験にするという意味ではよい制度だと思いますが、選択の機会を多く与えられることにより、多くの医師が自分が進むべき将来の科目に迷ってしまう、という現象も起きてしまったのです。

3働き方や働く場所が多様化している

世間一般でも、正社員以外に契約社員や派遣社員、アルバイトやパート、フリーターなど、働く側の事情(雇う側の事情を含めて)により、さまざまな働き方ができるようになってきましたが、それが医師にも適用されています。特に女性医師が増えたことにより、結婚・出産などのライフイベントに応じて働き方を変えなければならないという問題が出てきています。以前であれば女性医師がマイノリティであり、男性医師の価値観においてそのキャリア選択というものは限定的だったのものが、最近は医師自身の希望がある程度、通るようになってきました。

また、これは男性医師も同様ですが、ネットの普及により、求人情報が瞬時に手に入るようになりました。常勤勤務、アルバイト勤務、スポット勤務など、自分の希望の勤務形態に合わせて働く場所が選べるようになってきたわけです。しなしながら、それを選ぶ軸が医師自身になかったりします。つまり自分は給与が重要なのか、仕事のやりがいで選ぶのか、それとも家庭とのバランスを考えて動くのか?

私は初めてお会いし、転職の相談を受ける際、「何を基準軸に転職先を選びますか? その優先順位を教えてください?」と必ず質問をしますが、回答については、非常にあいまいな医師が多いのです。

「年収は当然高いほうがいい」

「自宅から1時間以内で通えるところがいい」

「病院の雰囲気がいいところがよい」……

希望が多いのはもちろん構わないのですが、

「その中でいちばん何を重視されますか?」とお伺いすると答えられない。

情報があふれ、いろいろな働き方の選択肢が広がる中、その中で転職先や勤務形態を決めるのも一苦労という先生が多くいらっしゃるのです。

次ページ医師は自分に向き合う機会がない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT