ホワイトカラーでもロボットが同僚になる日

工場からオフィスへ!RPAとは何か

ロボットが同僚という日がやってくるかもしれません(写真 : Zinkevych / PIXTA)
あらゆるビジネスで活用が検討されているAIだが、ビジネスで効果を発揮するにはさまざまなコツが存在する。
産業別のAI事例やAI活用時の注意点をまとめた『決定版AI 人工知能』の著者であるNTTデータの樋口晋也氏・城塚音也氏は、「データを収集するIoT」や「実際に作業をこなすロボット」と連携することでAIは真価を発揮するという。今回は、オフィスに導入が進む新しいタイプのロボットについて、AIとの関係も交えて解説してもらう。

オフィスにロボットが導入される

『決定版AI 人工知能』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

繁忙期にもかかわらず忙しさを感じないオフィス。誰も座っていないデスクに置かれたパソコンの中では、データをシステムに投入する作業や、定型的な依頼書を作成する作業が「自動的」に実行されている。しかも、そのスピードは常人の10倍近いスピードで、人為的なミスはゼロである。

このような世界がRPAにより実現されようとしている。RPAとはRobotic Process Automationの略で、テクノロジーを活用してホワイトカラー業務を効率化することを意味する。RPAの注目度は昨年の5月あたりから急上昇しており、先進的な技術を積極的に採用する企業からは、少しずつRPA推進による成果が報告され始めている。

RPAは、「たくさんのロボットが工場で日夜働いている」という当たり前の光景を、オフィスにももたらそうとしている。工場では単純作業や精密作業をロボットが担当するのが一般的だが、今後はオフィスの単純業務をロボットが担当し、情報の提供や意思決定をAIが行うようになると筆者らは考えている。

次ページデジタルロボットの特長とは
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。