中国、河北省に新たな経済特区を設置へ

北京・天津との一体化を推進

 4月1日、中国政府は河北省に新たな経済特区を設置すると発表した。同省燕郊、2015年撮影(2017年 ロイター/Jason Lee)

[上海 1日 ロイター] - 中国政府は1日、河北省に新たな経済特区を設置すると発表した。隣接する北京市、天津市、河北省を1つの経済圏にする取り組みを推進する狙いがある。

新華社によると、新しい特区は「雄安新区」と呼ばれ、1980年に設置され、国内の経済改革を後押しした深セン経済特区と同様の全国的な意義があるという。

新区は北京の南西約100キロに位置し、北京の「非首都機能」の一部が移転される。面積は当初100平方キロだが、将来的には2000平方キロに拡大する。

北京市の人口は2200万人に上っており、人口増を抑制するため、産業および非首都機能の河北省への移転に取り組んでいる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT