知っておこう!福岡人の強烈「地元愛」の実態

当然の「豚骨ラーメン推し」に戸惑う人も

菓子メーカー石村萬盛堂(福岡市)が広めた3月14日の「ホワイトデー」も、福岡で創業した乳酸菌飲料「ヤクルト」も、今やすっかり全国区。

ただ、ものによっては発祥地をめぐって、「福岡人の常識」とは異なる風説が信じられている場合もあり、注意が必要だ。

名菓「ひよ子」は福岡県発祥

昔から「東京土産」として定着している「ひよ子」(羽田空港)=1997年9月

1月5日に福岡市内のホテルで開かれた福岡商工会議所の新年祝賀会。あいさつに登壇した礒山誠二会頭(西日本シティ銀行副頭取)はこんな発言をした。

「福岡で成功し、全国のブランドになって、最近はどこのお土産か分からないような状況になった」

名菓ひよ子のことである。東京では、「東京発祥」と勘違いしている人も少なくない。

ひよ子は福岡県の発祥だ。東京オリンピックがあった1964年に埼玉県に工場を建てて東京へ進出。66年に「株式会社東京ひよ子」を設立し、半世紀が過ぎた。JR東京駅の土産コーナーには、ひよ子がずらりと並び、もはや「東京土産」の代表格だ。

東京にしか売っていない「紅茶ひよ子」(ひよ子提供)

ただ、福岡への土産に持参すると、「これって福岡で生まれたものなのに……と焼きもちを焼かれかねない」と指摘するのは、福岡の歴史や習慣を解説する「福博講座」の講師、斉藤寛さん(51)=三好不動産経営企画課長=だ。

しかし、妙手がある。ヒントは東京でしか売っていないひよ子の存在。「黒糖」「紅茶」「塩」の3種類が季節ごとに販売される。

「これなら『福岡発祥と知った上で、福岡にない土産を持ってきてくれた』と歓迎され、全ての事情を知り抜いた『福岡通』と評価されるはず」という。

次ページ「セーラー服」めぐるこだわり
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT