いずれ「葬式と墓」は当たり前ではなくなる

納骨が増えていない本当の理由

都市部では、新設の火葬場を建設するのは、住民の反対などがあって難しいのが現状だが…
この10年で死者の数は約30万人も増加。多死社会の日本で、「葬式ができない」「お墓が足りない」と言われるが本当なのだろうか?。人が亡くなれば、火葬場に運ばれ、やがてお墓に。そんな当たり前だったことが崩れようとしているのか? 死んでも死にきれない“終末クライシス”の意外な現状が明らかに──。

「火葬場の予約ができない」

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

「火葬場の予約が取れなくてお葬式までに1週間も待たなければならなかった」

そんな話を聞いたことはないだろうか。ネットでは「10日待ちもあった」と話題に。

だが、葬送問題に詳しい第一生命経済研究所の小谷みどりさんは、こう否定する。

「混雑のあまり、火葬できない現状はないですね。確かに亡くなる人の多い冬場に1~2日はあるかもしれないけど、実際には葬儀屋さんの都合ということが多いんです。1社の葬儀屋さんが、1日のうちに葬儀と告別式を、いくつも引き受けることはできないので“火葬場が空いてません”という理由で、お客さんに日程をズラしてもらうんです

ほぼ100%、火葬にされる日本では、大切な人が亡くなっても火葬できないと大問題。葬送ジャーナリストの碑文谷創さんも「火葬場の容量はまだあります」と語る。

「日本のように、多死社会が始まっていると“火葬は間に合うのだろうか?”という危惧はすぐ言われます。でもパニックになる状況にはない。行政も、民営の火葬場もすでに多死社会を見越して経営しているからです」

次ページ今は葬儀も安さ競争に…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。