イタリアでも「カップ焼きそば」はウケるのか

日本食ブームはインスタント食品でも有効?

イタリア製“カップ焼きそば”をイタリア人が初体験

イタリアでも大人気のラーメン。イタリアの有名食品メーカーから、インスタントも発売されています。最近では、ラーメンのスープなしバージョン=焼きそばも人気。話題の“カップ焼きそば”をイタリア人が初体験してみましたよ!

ラーメンブームも浸透しすぎてイタリア製カップ麺登場

当記事は、「GetNavi web」の提供記事です

世界を圧倒する日本食ブーム。スーシー、テンプーラにとどまらず、ウメボーシ、トーフ、ユーズーを経て、最近はワギュー、ショーチューなどなど。ミステリアスでヘルシーで、なんだか魅力的なクチーナ・ジャポネーゼは、イタリア人にとって憧れの的のよう。モノによっては、すっかり暮らしの中に定着しているものもあります。

醤油、ワサビ、そして……ラーメン。

特に、ラーメンの浸透ぶりはすさまじい! 数年前に、ミラノでオリジナルのラーメン店が続々オープンしたかと思えば、最近はイタリア全国のスーパーマーケットの棚に、カップラーメンが並ぶように。しかも、ちゃっかりイタリア製だったりするので驚きます。

参入メーカーは、パスタの老舗“ブイトーニ”やトマトソースの大御所“スター”。たしかに、ラーメンはパスタ料理カテゴリー。お家芸と言わんばかりに、イタリアを代表する食品メーカーが参入したなら、それはもう……国民食街道まっしぐらではなかろうか?!

数年もすれば、子どもたちが「ラーメンはイタリアのパスタだよ? 」なんて言い出さないか、ヒヤヒヤしたり……はしませんが、インド人もびっくりさせた日本のカレーライスよろしく、日本人もびっくりの美味しいイタリアン・ラーメンが食べられる日も、そう遠くはないかもしれません(いまのところ、ラーメンはまだ美味しくない)。

次ページイタリアのインスタント事情もご紹介
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
市場縮小が止まらない<br>生き残りへもがく製紙業界

紙の国内市場は8年連続のマイナスが必至。ペーパーレス化、原料高で苦境に。三菱製紙は最大手・王子ホールディングスの傘下へ。国内はさながら撤退戦。活路は海外市場か?