渋谷駅に「カレーメシ」の店が誕生したワケ

「どん兵衛」「ラ王」に次ぐ日清の新店舗

渋谷駅の山手線ホームにある『カレーメシ』専門店「DRIP CURRYMESHI TOKYO」の店内(写真:筆者撮影)

山手線の渋谷駅を利用している、あるいは山手線で渋谷駅を通過している人であれば、山手線内回りホームに、日清食品の「カレーメシ」専門店「DRIP CURRYMESHI TOKYO(ドリップ カレーメシ トウキョウ)」がオープンしているのをご存知だろう。

渋谷駅の山手線ホームは以前「日清どん兵衛」、さらには「日清ラ王」を扱う専門店があったところ。今回のカレーメシはいわば日清食品の専門店3代目というところだが、そのような立地で、あえてインスタント食品を提供する意義、狙いは何なのか?日清食品ホールディングス宣伝部・佐野正作さん、同・東鶴千代さん、日清食品マーケティング部・和田智佳さんにお話を伺った。

「ドリップ」で新生カレーメシをPR

山手線渋谷駅内回りホームにカレーメシ専門店「DRIP CURRYMESHI TOKYO(ドリップ カレーメシ トウキョウ)」がオープンしたのは、2016年11月2日のこと。これまでにもホーム上のショップで自社の即席麺を販売して利用客を驚かせた日清食品だが、今回は取り扱い品目がカレーメシとなった。

カレーメシは「ルゥでもレトルトでもない第3のカレー」を謳う日清のインスタント食品。商品に沸騰したお湯をかけ、5分間待てば、リゾット風のカレーライスができあがる。手軽にカレーを食べられる商品として人気を集めているが、従来は電子レンジでの調理だったものが昨年夏にリニューアルされ、お湯を注ぐだけで食べられるスタイルに進化した。これをアピールすることが大きな狙いで、さらにこのお店では、ドリッパーを使ってお湯にさまざまなフレーバーを追加。「カレーメシ」の味をさらに引き立てる工夫がなされている。

同店のユニークな点は、カレーメシにただお湯を注いで提供するのではなく、ドリッパーを使用してかつお節や唐辛子、ガーリック、さらにはコーヒーなどのフレーバーを加えたお湯をカレーメシの調理に使用していることだ。

次ページ手間をかけてドリッパーを使う理由は
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT